売上の上がる理由

妹の話。東京に来てからの妹は何かがついたかのようにお店の売り上げが良く、秋前に移動した店も例外なく上がっているらしい。
いい感じに上がっているため、その原因究明を会社から求められているそうで、先日会った彼女はそこで悩んでいた。一人あたりの売上単価は下がっているので、お客さんの数が増えているようだ、ということはわかっているらしい。ただそれが何で?と聞かれると、「?」なのだそう。
回転数が良くなったとか?席数増えたの?喫煙席あるからじゃない?等等とりあえず思いつたものを投げたものの、ピンと来ない様子。「APEC の後からなんかいいんやけどなー・・・」「可愛い子がいるから、って言っとこうかなー・・・」とか、適当なことを言っている。
前回別の店で上がった時は、彼女なりに考えて色々改革をしていたらしいので、報告しやすかったらしい。今回は特にこれといって無く、悩ましいようだ。しかも下手に答えるとそれを全社展開されるので、ある程度現実感のあるところでレポートしたい模様。下がってる訳じゃないからまだ緩いしいいんやけど、とぶつぶつ悩んでいるのを見て、どこも会社は変わらないなあと可笑しくなった。経営層も、現場も。
経営層は「なんで上がった/下がったの?」を尋ねたがる。そりゃそうだ。いい手法があるなら是非展開したいと思うのも当然だ。しかし現場にしてみたら当たり前のことをやっている中で、上がったり下がったりしている訳で。答えは経営部には無いが、現場にだってあるかどうかはわからない。特別な手を打ったのでは無ければ、結局は基本をちゃんとする、ってところに戻してもいいのかもなあと思った。
先週末が宿題の期限だったはずなのだが、回答は出たのだろうか。姉としてもイチ会社員としても、気になるところである。
[PR]
by hiranori | 2011-03-02 13:11 | おしごと


<< 三浦半島一周ツアー 本日のニュース: 安藤忠雄は双子 >>