三浦半島一周ツアー

d0018877_22424914.jpgここ数年、友人のお誕生日ツアーを行っている。誕生日付近で一日、プロデュースしてプレゼントするのだ。なんて言いながら、友人の意見をもらったり、助けてもらうこともよくあるのだけど。まあそんな訳で土曜日は、三浦半島一周ツアー。三年連続、三浦半島
だいたいの目星はつけてあったけど良くは知らないところばかりで(私も初)、ナビあるくせに道に迷うわ間違うわ、途中何度も嫌な汗をかいた。近所のはずが、かなりの大冒険になってしまった。でもとてもとても楽しかった!いいなあ、三浦半島。去年の走水&観音崎コースもかなり楽しかったけど、今年のコースも要リピートだ。途中で通った三浦海岸のあたりも楽しそう。また行かなきゃ。あぁ楽しかった。

旅程:逗子駅 → まるよし食堂&宮川湾 → 毘沙門湾&盗人狩 → cafe tsukikoya → Escape → 帰宅

1. まるよし食堂&宮川湾
ハバノリ定食を頂く。素晴らしい青海苔、って感じ。お醤油を垂らしてご飯に混ぜて食べる。美味しい!友人は、マグロ&メカブ丼。これまたウマー。途中で交換しながら、両方美味しく頂きました。窓からは穏やかな漁港が。その景色がとてもよかった。
食後、宮川湾をちら見しに。岩の層がギザギザしていて、なんだか面白そう。そそられながらも次の場所を目指す。

まるよし食堂(食べログ)

d0018877_22445622.jpgd0018877_22452253.jpgd0018877_22454161.jpg


2. 毘沙門湾&盗人狩
この日のメイン、盗人狩。この辺りはハイキングコースになっていて(「関東ふれあいのみち」の 1 つ「三浦・岩礁のみち」)、その中でおいしいとこどりするならココ!というのが毘沙門湾~盗人狩エリアらしい。
海岸線を行くと、岩がミルフィーユみたいになっている。壁は地層がナナメに走っていて、これまたチョコレートケーキのごとく。面白い。干潮を狙っていったので、合間にタイドプールや小さな湾ができており、水が想像以上に綺麗な青だった。透明の青。石の並びの不思議さや水の透明さ、空の青さに嬉しくなりながら歩いた。
と書くととても素敵だが、そしてこれも本当なのだが実際は、ひじきの森に身悶えし(めちゃくちゃ美味しそうだった)、メカブの元らしき若布を取れない事を嘆きあいながら歩いていた。友人は更に、ナマコを恨めしげに見ていた。かなり本気でお持ち帰りしたかった模様。もちろん全て食用。海は食べ物の宝庫である。
それにしてもほんとに綺麗で面白い景色だった。何より水の綺麗さは感嘆もの。東京湾がこんなに綺麗なんて。驚かせてくれるなあ。
ちなみに満潮&風の強い日は、通行に注意が必要そうだ。

こちらを参考にさせて頂きました:
[三浦半島へ行こう!] 南の岩、その先にある大絶景~三浦・海の道ウォーク【後編】

d0018877_2247542.jpgd0018877_22481362.jpgd0018877_22555337.jpg


3. cafe tsukikoya
d0018877_22494751.jpgcafe tsukikoya は追浜にあるカフェ。居心地が良さそうで不思議なところにあるらしく、興味を持っていた。迷子の後にすごい道を抜け、行きついた先は素敵な古民家カフェだった。店内は思ったより広く、席も多い。和室の中に椅子やテーブルがある(応接セットが沢山ある)のって、なんだか不思議。ちょっとした飾りや照明が面白い。
でも何よりも、そこで飲んだカプチーノがそれはそれは美味しかった。フォームドミルクのきめが細かい。とにかく細かい。苦味は少ない。シナモンカプチーノ、にしたせいだろうか。でもほんとに、美味しかった。
友人はドリップの珈琲を、二人でチーズケーキを一緒に頼んだが、どちらも美味しかった。珈琲は少し酸味があり、独特の味。頼んだケーキが「デザートセット」という扱いになっていて、デザートセットはなんと飲み物が 2 杯ついてくるシステムになっていた。これ素敵。大体 1 杯だと足りないもんね。
とにかく長居したくなる場所だ。今回はお茶だけだったが、次回はランチからお邪魔したい。ちなみにさっきお店のサイトの地図を確認してみたら、とんでもない道だと思っていた箇所に「直角カーブと急坂」「覚悟が必要です」と書いてあった。道理で。ビーは、カフェを開いてから初めて来る車種だとお店の人に言われた。小ぶりの車で行くことをお勧めする。

cafe tsukikoya

4. Escape
d0018877_2250854.jpg 前週に会った看板犬があまりに可愛かったので、友人にも紹介。ついでに晩御飯を食べることにした。この日は噂の看板犬のために小屋が持ち込まれていた。「お店に合うと思って」と、お友達が作ってくれたというその家は、なんとティピなのだ。可愛過ぎる。素敵過ぎる。犬は相変わらずのオヤジ顔。あまりに大人しいのでちょっと心配になったが、食後にご主人と遊んでいる時には、ちゃんと子犬らしく(そして猟犬の血を引いているらしく)力強く遊んでいたので安心した。
晩御飯は、豚バラと野菜のボウルと野菜モリモリカレー。野菜モリモリは、JARO も真っ青な位、本気で野菜がモリモリ。量が多いので頼むタイミングをはかる必要があるが、猛烈におススメ。その時手元にある野菜により、入っているものが変わる。
このお店は、私の中のカフェ部門で 1, 2 を争うほど好き。味も量もいけてる。基本的に 1 人でされているので時間に余裕のある時に。

http://gravityfree.net/escape.htm
[PR]
by hiranori | 2011-03-02 23:00 | 葉山・逗子・鎌倉・横須賀


<< iPhone 写真、使い勝手向... 売上の上がる理由 >>