太刀魚(塩焼き)の正しい食べ方

1. 上側の端っこを左から右に(逆でもいいが)上向きに外していく
これにより、上部の骨が抜けていく

2. 端からがっぽり身を取って食べましょう

3. 一気に取れなかった分も、中骨を外して綺麗に食べ尽くしましょう

太刀魚というのは、骨が真ん中にあるだけでなく、上下にも結構しっかりした骨が縦向き(上 -> 下、下 -> 上)に入っている。ここを外さずに食べようとすると、結構難儀なのだそうだ。まず最初にこの骨を外すこと、これが大きなポイントらしい。
ちなみにこの食べ方は、沼津港の丸天にて、おばちゃんからレクチャー受けました。(「おねえさん、太刀魚の食べ方知ってる?」と聞かれ、最初は何事かと思った。)ありがとう、おばちゃん。おかげさまで最後には中骨しか残らなかったです。
魚をきれーーーーーーーーーーーーーに食べるのって、すごい快感。もしかしたら、食べることよりも綺麗にすることがすきなのかもしれないと言うくらい好き。とはいえ、やっぱりおいしかったー。やっぱり塩焼きって素敵です。
[PR]
by hiranori | 2006-10-08 22:52 | ごはん・たべもの


<< 黒さ本領発揮 鎌倉でぼーっと >>