ごまめ?おまめ?みそっかす?

会社の人がずらーっと載っているサイトがある。そこでとある人を調べると「ごまめやってます」という文字があった。ごまめって、近所の子供が皆で遊ぶ時に、年令が下だとかそういう理由で多めに見てもらえる子の事をいう。鬼につかまっても 1 回では鬼にならない特別ルール適用とか、頭数には入れずにとにかく一緒に遊ぶとか。よってこの人は、まだまだ半人前ですぅ、って言いたいのね、ってことになるのだが、一緒に見ていた部署の人に、それは関西限定の言い方ではないか、と言われた。やはりそう来たか!
という訳で、気になって周りで調査した。特別ルール適用の子供を「ごまめ」というのは、やはり西の言い方らしい。といってもみんながみんな言う訳ではなく、私も実は言わない。でも言うのは知ってる。隣の人は「おまめ」、向かいの席の人は「みそっかす」、向こうの人は「オミソ」、そして福岡出身者は「アブラムシ」!虫ー!アブラムシってゴキブリのことを言うこともあるよね、なんて話にも発展し、ワイワイ騒いでいたら、こんなサイト を見つけてくださった方がいた。色んな言い方があるのねぇ。おとうふ、も確かに聞いたことあるなあ。検索すると、調べている人が他にも結構出てきて、気になる人ってやっぱり結構いるんだなー、なんて妙に納得した。
ちなみごまめは、別名:田作り。おせち料理に入っている、あの小魚ね。飴が絡んだかんじの、ゴマが振ってある、かりっとした、あれ。ごまめ自体が通じなかったので、そッ値の方がむしろ驚きだった。豆とは関係ございません。何故ごまめか?については、こちら。多分これで正解だと思う。
どちらにせよ、最近は異年齢で遊ぶことも減ったんだろうなあ。
[PR]
by hiranori | 2007-12-11 20:28 | 関西・関西人


<< 主婦になれない 人の話を聞いてからにしろ >>