カテゴリ:野菜を育てる( 3 )

続・虫バトル

韓国トウガラシは、相変わらずアブラムシにたかられています。しかし他の虫たちからの人気ぶりもすごい。
昨日は居なくなったと思ったフタホシテントウがいた。ま、別の個体かもしれないんだけど。で今日はまた不在で、代わりに小さなカマキリが。小さくてもかっちょよい。おまけにオレンジ色の卵が沢山。ぎょえー、と思ったが、どうもテントウムシの卵らしい。そうであればアブラムシ対策として、このまま成長を見守るしかなく。プランターの横では小さなクモが巣を張っていて、蚊でも捕まえてくれそう。という訳で、だんだん虫が増えてます・・・いいのだろうか。防虫が微妙にできない状況。
でもちゃんと虫が来るんだなあ、ということが面白い。みんなどこで聞きつけてくるんだろう。ひらのり家の放置ガーデニング、噂になっていますでしょうか。人気はとにかく韓国トウガラシで、トマトは意外と不人気。そしてオクラは可愛くない虫たちに大人気。オクラの方はなんとかしないとな。
とはいえ、変な虫はあんまり増えて欲しくない。ぞわぞわしてしまう。気になってぐぐっちゃったりするのだが、その画像を見て、更にぞわぞわしています。
[PR]
by hiranori | 2010-06-11 14:24 | 野菜を育てる

虫バトル

野菜を育てるには虫がつきものだってことが、よーくわかりました。

水をやる時に、虫がついてるなあというのは気づいていたのだが、まあ自然だし仕方ないなと放置していた。虫とだって仲良くならんといかん、と思ってみたり、というか正直なところ虫とは関わりたくないといいますか。しかし改めて見てみると、驚くほど大量のアブラムシ系が付いていることが分かった。葉の裏とか、新芽の間とか、ビッシリ、ぎっちり。くっそー。「手塩にかけて育てた娘に悪い虫がつくのを嫌悪する世のお父さん」の気持ちが、ちょっと理解できた気がした。うちの子(野菜苗)は手塩にかけてなくてかなり放置だけど、虫にたかられると、それでも結構本気でムカー!である。どうにかせにゃならん。

といいつつ、相手が野菜なので、化学系は NG。できることなら「食べても大丈夫な農薬」も、使いたくない。木酢液で退治できるかと思ったが、イマイチ効かない。虫が付く前の防虫対策としてはいいが、ついてしまうとあまり効果は期待できないらしい。今日はアブラムシに効果絶大だという、薄めた牛乳を散布。彼ら(アブラムシ)には悪いが、こちらにも都合というものがある。ナウシカにはなれんぜ。大量虐殺だなあこれ、と思いながら見ていたが、どうもあまり効果なさげ。ううむ、薄めすぎたか。

あー、どうやって退治しよう。ガムテープでぺたぺた作戦しかないだろうか。焼酎にトウガラシとニンニクを漬けたやつをかけると効果があるって読んだけど、そもそもトウガラシの葉にびっしりついてるのに、ほんとに効果があるんだろうか。っていうか虫って、どこからやってくるんだよ!呼んだ覚えはないよ!!

トホホと思っていた、今日の夕方。葉を見ると、黒い大きなものが付着していることに気づいた。なんだ、新たな虫出現か?近寄って見てみると、、、テントウムシではないか!やったー!キター!
そう、テントウムシは、言わずと知れたアブラムシの天敵である。虫対策として、いっそ、テントウムシでも降ってくりゃいいのになあ、と思っていたところだったのだ。アブラムシにせよテントウムシにせよ、虫って何かを嗅ぎつけてやってくるんだなあ。捨てる虫あれば拾う虫あり。頑張れテントウムシ。でもきっとアブラムシが多すぎて、一匹ではゲプっとなる量。できればもう 2,3 テントウムシ、降ってきますように。

明日もまた、虫との戦いが繰り広げられる予定。テントウムシ効果をチェックしなくちゃ。
[PR]
by hiranori | 2010-06-06 01:45 | 野菜を育てる

アスパラ、、、

今年は野菜を育ててみることにした。正しくは「植物を育ててみることにチャレンジ」なのだが、単なる植物ではどうも気乗りしないので、食べれるものならやる気も起るだろう、と、野菜にしてみたのである。
で、アスパラの苗を、プチトマトの苗と一緒に買って植えてみた。プチトマトとプチトマトに挟まれたゾーンに植えてみたので(トマトの病気?にアスパラがいいって書いてあったからついでの効果を期待して)、ちょっと狭いかなー、と思っていたのだが、小さな小さな芽が出た。うひゃー、なにこれ、カワイイ!出てきた芽は小さいながらにも形はアスパラで、とにかく可愛くて仕方無い。水をやりながら、様子を見るのが、毎日楽しみであった。

なのにである。
本日、ちょちょいと触ったはずみに、ポッキリ折ってしまったのである。

NOoooooooooooo!

しかし、覆水盆に返らず、折れアスパラ接着できず。
折れたものはもうどうしようもない。泣く泣く、引き上げることにした。あー、ものすごくかよわかったのに!針位しかなかったのに!!!

無念で無念で仕方が無かったのだが、このままでは私もアスパラも納得いくまい、と思い、買っていたパンにアスパラも乗っけて焼いてみた。お味は・・・よくわかんね。
あー残念。

ただでさえ、アスパラは一年目は収穫してはいけないらしい。放置しておくように、って何を見ても書いてあるのに折るとは何事ぞ。まだ根っこが無事であることを祈って、未来のアスパラに話しかけることにしよう。あー残念、無念。
ちなみにトマトの方はびよびよ伸びて、もう花が咲き始めています。
d0018877_138754.jpgd0018877_1381856.jpg
[PR]
by hiranori | 2010-05-15 01:43 | 野菜を育てる