<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

横浜散歩、そしてザノッティに屈す

野毛動物園に行ってみた。横浜市の持っている小さな動物園だが、なんと入場無料。すごすぎ。大体起きたのが遅かったので、動物園も 1 時間半程度しかいれなかったのだが、丁度その位のサイズでよい感じ。また来ようっと。
そのあと、山下公園まで歩く。日本大通りは、日大の近くの通り、という意味だと思っていたら違った。だって前に電車に乗っていたら、日大附属の中学生たち(おそらく中1)が元気にしゃべってたんだもん。もっと(失礼)歴史的な通りであった。通り沿いにある県庁はヨーロッパ調の建物で、さぞかし空調管理が大変であろうとは思ったものの、素敵な建物だった。やっぱり神戸とちょっと似てる。
山下公園沿いからバーニーズなんぞ覗いてみる。銀座よりこっちの方が広いので私は好き。人も少ないし。と思ったら、人が多くてびびる。実は既に Sale になっていて、その為に人が多かったようだ。みんな良く知ってるなあ。Sale であるなら!と、靴売り場に果敢に挑戦。すごく素敵なサンダルがあったのだが、Sale でこの値段かい!と突っ込まざるを得ないような値段。うらめしい気分になりながらその場を後にする。あれを買ってしまったら、さすがの私ももう終わりかも。でもほんとに素敵な靴だった。ジョゼッペ・ザノッティめ、野宮マキみたいに私にも靴作ってくれないかな。とりあえず、バーニーズはいつも目の肥やし。あそこで優雅に靴を買っている子連れの夫婦とか、ほんと、何がどうなってるんだろう。
(今調べたら、ジュゼッペ、が正しそう。Giuseppe Zanotti 。ジョゼッペおじさんのイメージだったのだが。)
[PR]
by hiranori | 2005-06-27 00:46 | 葉山・逗子・鎌倉・横須賀

ハンガー

ハンガーを買ってみた。前からプラスチックや針金のよわっちいのに嫌気がさしていて、全て木のハンガーにしてみたかった。しかし、大体木製ハンガーというのは高い。安くて1本 1,000 円位、高いと 2,500 円位。ハンガーに余裕でお金を掛けられるほど、私の心も懐も広くない。という訳で断念していた。
今日はネットで格好のいいハンガーを発見した。いいなあと思いつつ、こんなの揃えたら数万ですぜ、と思い、またも諦めかける。しかし、このご時世、どこかにネットで落ちているはずだ、と思い、検索して、見つけたー!その名も hanger net。色々なハンガーが売っている。しかも、通常よりはかなり安い。その中でもかなり安いハンガーを発見。きぎれを合わせて作っているので安い、でも物は良い、と書いてある。材料にものすごく拘っている訳ではないし、むしろ廃材(になりかけのもの)を使用しているところに好感を持ち、購入決定。50 本以上しか買えない事に一旦迷った物の、私の無駄な服の多さからしてあまりかけ離れた本数とも思えず、結局パンツを挟めるハンガー共々注文。「ハンガーを揃えると、驚くほどワードローブがすっきりする」という謳い文句に心躍る感じ。
それが届いた。届いてびっくり、箱がでかい!50 本ってこういうことになるのかと改めてびびる。開けたらほんとにハンガーだらけで笑える。個人的感想としては、うーん、もう一歩だったか、という気もしないでもない。良くも悪くも普通の木のハンガーだったのだ。もう少し薄めの物を希望していたのだが、あまり薄いとそれはそれで洋服によくないし、と気を取り直して全部それに変えてみる。おお、並べると格好がいい。
という訳で、私のワードローブはほぼ全て、木のハンガーに変更になった。d0018877_044954.jpgd0018877_0452617.jpg
[PR]
by hiranori | 2005-06-23 00:42 | ふとした幸せ

ねばねばフード

最近気に入っている食べ物。ねばねばものを混ぜた物。

1. まぐろ
2. 長芋
3. おくら
4. 納豆

まぐろと長芋は角切りにして、おくらはスライス。まぜまぜした納豆とこれらを一緒にお鉢にいれて少し出汁醤油を落とす。これを混ぜて食べる。気分によってシソ・胡麻などを混ぜることもあり。本当は長芋はすりおろすほうがいいみたいだけど、あくが強い物に当たると色がすごいことになるので、最近は角切りが主流。とにかく好き。明らかに体に良さそうなところも好き。単純にできる上においしくて、素敵な食べ物だ。d0018877_042960.jpg
[PR]
by hiranori | 2005-06-22 23:40 | ごはん・たべもの

隣人の会話

隣人の会話というものは面白い。最近電車が長かったり、一人でフラフラするのが好きな性分のせいで、隣人の会話をつい聞いてしまうことがある。最近聞いた中で気に入っているのはこの 2 つ。

1. アヤコちゃんは今モテ期
映画を見に行った。隣でしゃべっていた関西弁カップルの会話。

彼女:アヤコちゃんな、今モテ期やねんて。三人の人から好きやって言われてんねん。
彼氏:へー、人生で三回あるっていう、あれ?
彼女:そうそう。アヤコちゃん陸部やん?一人はアメフト部で一人はラグビー部やねんて。
でもアヤコちゃん、長距離選手みたいな細い人が好みで、どっちも好みとはちょっとちゃうんやって。
で、考えてる間に、なんかアメフトとラグビーが二人で話したらしいねん。
で結局、アメフトがラグビーを応援することで話がまとまったんやって。
彼氏:へー、そうなん。
彼女:で、アヤコちゃんもちょっと考え直してデートしてみるか、って思って
ラグビーと遊びに行ったんやけど、そこでラグビーが何も
それらしいことをいってこーへんねんて。だから困ってんねんて。
彼氏:アヤコちゃん自分で言ったらえーんちゃう?
彼女:そぶりも見せへんねんて。なんか普通にご飯食べて普通にしゃべるらしい。
やから、もしかしてあたしの勘違い?ってなったらどうすりゃいいんよ!
って思って困ってるらしいねん。
彼氏:なるほどなー。
彼女:そしたらそこに、もう一人全然知らん子が告白してきたんやって。
彼氏:おー、すごいやん。
彼女:けどその子は、アヤコちゃん全然好みじゃなかったから、断ったんやって。
そしたらその子、それが原因で毎日もどしてんねんて。
彼氏:もどしてる?
彼女:吐いてんねん。おぇって。
彼氏:つきあってあげればえーねん。つきあってるってことにしたったらえーねん。
彼女:でもなー、アヤコちゃんに彼氏できたら○○ちゃん一人だけ彼氏おらんことになるやんー。
ほら、アヤコちゃん、××ちゃん、○○ちゃんの三人が仲いいからさ。
○○ちゃんちょっと焦りを感じてるらしい。
彼氏:いやー、○○ちゃんやったら、すぐできるやろ。かわいいし。俺つきあおかー?
彼女:そうやんなー、すぐできるやんなー。って、会ったことないやん!
しかも○○ちゃんの好みと違うから、あかんわー。

聞きすぎやろ、と今書いていて思ったが、余りにこの二人のテンポが面白くて聞き入ってしまった。しかしアヤコちゃん、その後無事にラグビー(というあだ名化されていたのがまた笑える)と付き合ったのだろうか。っていうか談合した二人って一体。そして第三の男は立ち直ったであろうか。

2. お父さんはウォーリー
電車で隣に座っていた親子三人。

母:さっきね、「お父さんは?」って聞くから、「もう先に行っちゃったよ」
って言ったのよね。
そしたら「お父さん探そう!お父さんしましまだよね」って言ってたのよー。
お父さん、しましまの服着てたって覚えてたのよねー?(と言って子供に聞く)

これだけのことだったのだが、お父さん=しましま、とインプットする子供の頭ってなんだかすごい、と思い、そしてほほえましくて笑ってしまった。
これからも、ついつい隣人の会話を聞いてしまいそう。
[PR]
by hiranori | 2005-06-13 00:39 |