<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

スープワールド

ドンキホーテが近くにあるはず、と、探しに行った。案外簡単に見つかった。しかし中に一歩入ると、やっぱり物が多い。どこに何があるか分からなくてかなり彷徨った。
食品が結構売っていることを初めて知った。OK の無くなった今(店がなくなったわけではなく、私が引越しただけだけど)、こりゃ嬉しいわ!と、喜んで色々買い込む。高くつく。そして買ったものの 8 割ほどを占めたものが即席スープであった。ちょっと多すぎである。まーでも、好きなんだよね、スープって。d0018877_2153724.jpg
[PR]
by hiranori | 2006-01-29 21:43 | ごはん・たべもの

木住野佳子ライブ

STBスイートベイジルで行われた Jazz Piano Live に行ってきた。Blue Note も行きたいなーと思いつつ行ったことが無かったので、ワクワクものだった。
結論:良かった!最初は Jazz ときいていた割に品がよく(Jazz が品が無いという訳ではない)、ちょっと肩透かしを食らった気分ではあったのだが、少し慣れてくると(+向こうも調子が出てきた気がする)すごくかっこよく思えた。特に印象に残ったのは、G 線上のアリア, Forest Rain, for My Friend, 風の情景、かな。最後にやったサティもカッコ良かったなあ。
ゲストで溝口肇氏が参加していたのだが(思いっきり王子様の顔をしていて、格好も王子様ルックであった。シャツというかブラウス、ひらひら!ただそれが似合うんだよなあ。好みは分かれそうだが、めちゃくちゃかっこよかった。チェリストはただでさえもてると言われるのに、あれはかなりの人気だろうなあ。そして何より、MC が上手だった(笑)。)、彼が「木住野さんのクラシックの小作品集がとてもよかった」と言っていたが、確かに、クラシックのアレンジがいいと思ったので、もう少し聞いてみたいと思った(サティはかなり正統派路線でやっていたが)。
ドラムがこれまたとても良かった!昔はドラムに興味なんて無かったけど、いいドラムってやっぱりかっこいいんだなあとしみじみと思ってしまった。
スイートベイジルは、音楽がメインなので、席の間が広くは無いのがちょっと難点だが、それでも他に比べてゆったりしていると思う、と、友人は言っていた。溝口氏も言っていたが、音の反響具合もいいように思う。かなり前の方で見れたし、とても素敵な時間でした。またいこーっと。d0018877_222153.jpg
[PR]
by hiranori | 2006-01-28 23:54 | 音楽・本/漫画・映画・芸術・TV

現実逃避・2

眠気はないのだが、いかんせんもう疲れてしまった。細かい手戻りが異常に多い。あーデータクレンジングってとっても大切!予想外のデータがたくさんあってその都度やられてしまった。あーあ。
しかし、私の PC も大概おなか一杯らしく、すっかり動きが悪くなっている。xls を幾つか開くと(まあこの一つ一つが馬鹿みたいに重いのだが)、メモリが足りないと懇願してくる。そんなんあたしやっていっぱいいっぱいやっちゅーの。
でも頑張らんといかん。めげてる時間はないのだ(実際本気で時間が無い。やばい。しかし何かわからんが全く進まん!)。がんばれダメリーマン!
[PR]
by hiranori | 2006-01-27 02:14 | おしごと

現実逃避

かーえりたーくーなーいっ♪かーえりたーくーなーいっ♪ って曲ありましたよねぇ。ふと思い出しました。っていうか、いやーーー、めちゃめちゃ帰りたいっちゅーねん!ほんま勘弁してーーーー!
といいたいのだが、これ私のお仕事のやり方がまずいだけなんで・・・。要は、仕事が終わらずかえれませーん。なんかどうも今日は朝からうまくいかなさそうな気配が漂ってたんだよなあ。案の定、Time Over ぎみ。なんでこう、ちんたらなってしまうのかしら・・・。ステイクホルダーの皆様、ごめんなさい。
ちなみに、昨日の新聞により、ステイクホルダーとストックホルダーが別物であることを知った。日々発見。使い方があってるかどうかは不明。
あー、現実逃避してないで、早く資料作り終えようっと・・・。
[PR]
by hiranori | 2006-01-26 22:58 | おしごと

あほって言う方が

銀座線に貼ってある広告で、「通勤途中でかばん三つ落とした」というのがある。ついさっきまで、この人あほやなあ~、と思ってた。三つもおっことすなんて、やろうと思ってもなかなかできんで、と。(こういう時は、なんか関西弁がしっくり来る。)
さっき長めに見てみたら、携帯オークションの広告やったことが判明した。そういうことかい。
[PR]
by hiranori | 2006-01-25 23:50 | ふとした事/思いつき/雑記

同じ穴?

電車の中でメールを打っていたら、やたら前に座っている男性に見られた。でも顔を見られているという感じではない。何なんだ?と思ったら、彼が手に持っている携帯と私の携帯が同じだった。これで気になったのか?でも確かに、自分の携帯と私の携帯を見比べている。なんだ?見比べてどうなるんだ?見比べてどうなるのか良く分からなかったが、とにかく目を見開いて何度も見比べていた。小窓(というのか?)に何か写るのか?と思ったがそういう訳でもなさそうだ。彼は最後に、私に一瞥をくれて去っていった。男性よ、結局何が言いたかったんだ?
[PR]
by hiranori | 2006-01-25 14:34 |

ホリエモンショック

1/23
彼も、いつか捕まるかもと思いながらやっていたのではないだろうか。誉められたことばかりじゃないだろう。だからショックでは有るが反面、まあ仕方ないかという気もする。
私が一番腹立たしく思ったのは、この数日でメディアも世間も急に手のひらを返し、今日の逮捕後は「堀江容疑者」と騒ぎに騒いでいることだ。
昨日はメディアと人の素晴らしさに嬉しくなった。今日は心底うんざりだ。
堀江氏、あんたも反省しなさい。経営者としての自覚が足りん。経営者の自覚ってなんだろう、と以前は思っていたが、今は、株式会社であれば株主に対して胸を張って経営することと、従業員が胸を張って仕事ができる環境を整えること、その 2 つであると思う。リスキーな会社であることは、株主も社員も分かっていなかったなんて言ってはいけないと思う。だからホリエモンだけの責任では絶対にないのだが、それでも堀江さん、頭になった限りは抱えるものが出来ているということを、もう少し考えるべきだったと思うよ。それにしても、もうちょっと器用に生きられれば良かったのにねぇ。
1/24
一夜明けて今日。新聞で読むと少し落ち着いて読める。新聞だと、あの妙な高まりがないからだろうか。日経に、彼のやったことには功罪両面がある、というコメントが載っていた。同感だ。世間には、彼には功績もあることを、本人には、やっぱりやってはいけないことが世の中にはあることを、感じてもらえればいいなあと思う。
[PR]
by hiranori | 2006-01-24 13:56 |

前を向いて

昨日、NNN のドキュメンタリーを見た。面白いので結構よく見るのだが(日曜の深夜を過ぎるのがちょっと難点)、今回は筋萎縮性側索硬化症(=ALS)を抱える藤本栄さんという方が主人公のドキュメンタリーだった。
藤本さんは ALS を抱えながらも、家族と仲良く明るく、前を向いて生きている。以前、確か奥様が藤本さんと共に講演に出かけていた場面を別の番組で見たことがある。その時は、奥様が中心に映っていたように思った。今回驚いたのは、藤本さんが中心となっていることだった。講演に出かけたり、また現在は、ヘルパーさんの派遣会社を立ち上げているとのことだった。自分の意志で動いている、ということが感じられた。
以前もとにかく前向きな様子に驚いたのだが、今回はその時より更に明るさが増したような気がする。笑いには治癒力があるといわれるが、確かに彼らもずっと笑ってみせる。藤本さん自体、家でも講演でも学校の授業に出向いても、彼は決してユーモアを忘れない。一見無表情に見えるから、余計にその場を和ませる。社長となって会社を運営している充実感からだろうか。
この病気は進行性のものであるはずだ。今は目と口の周りが動くが、もしかするとそれさえも動かない日が来ることだって考えられる。けれど彼らは、治る日が来るということをちゃんと信じている。それは彼の掲示板にも記してあり、そう思うこと自体にも治癒力があると彼は言う。「治ったら一杯やりましょう」って、いいな。
「自分より大変そうな人」を知って、「私の悩みなんて」と立ち直ることには罪悪感があった。自分の悩みがちっぽけだと感じることよりも、一旦「自分より大変そうな人」として相手を認定することに対して、また、そのことに安堵感を覚えている気がして、自己嫌悪を招くからだ。だがそこにとらわれるよりも、前向きに生きている彼らのやり方に、素直に敬意を払ってもいいんじゃないかと思った。現実を見ないことは問題である。しかし、受け入れた後にも前と後ろとどちらでも向くことは出来て、そして彼らは前を向いている。
落ち葉の中で彼は「以前ならこんなことに目をむけなかった。ALS も悪くないな」と笑った。宮澤賢治みたいだな。「ソウイウヒトニ ワタシハナリタイ」いつも友達や、偶然知り合った人(こういった一方的な知り方も含めて)に開眼させられる思いだ。またすぐ忘れてしまうのかもしれないけれど。また気付けばいいかな。
ちなみに藤本さん、冬ソナファンなんだそうな。なんだかおちゃめさんである。
[PR]
by hiranori | 2006-01-23 19:14 |

金・土・日で食べたもの感想集

1. 鮨
おいしかった。私の好きな、小ぶりなお鮨でした。あなごもおいしかったな。あなごは、もっとどーんと出してくれてもよかったんだけど(笑)。
女の子ばかりだったからかどうか、色々サービスをしてくれて、しかもお鮨屋さんなのになんか妙に皆仲良くて(「表向き、仲いいことになってます」なんて言ってましたが)、最後は大将がコートとってくれるわお見送りしてくれるわで、面白かったです。「んじゃ、雪だるま作ってお待ちしてますんで!」と言われ、いや、雪降るったってそんな降らんやろ、と思っていたら、翌日すごいことに・・・。
ちなみにここは兄オススメのお店で、銀座にしたらやっぱり安いんだろうなあ。飲むともっといくだろうけど。
九谷: http://www.9tani.jp/index.html

2. チーズケーキ
なんだっけ、名前忘れた。でもおいしかった!タケ氏のおみやげ。あれはよかったなー。今度物産展で見つけて買おうっと。

3. かんぱち&カニ
前日鮨を食べていたにも関わらず、たっぷり食べてしまいました。とってもとってもおいしかった~。築地の魚っておいしいのね!
カニも、普段はそこまで興味が無い事が多いのだが、あれは食べやすかったしおいしかったな。

4. 鶏肉パプリカ煮込み(?)
鶏がとてもやわらかかった。おいしい。ああいう煮込み料理、とても好きです。

5. ロールケーキ
モトヤのロールケーキが食べてみたくて土産化してみました。ロールケーキって好き。とても好き。それをさっぴいても、あれはアリだな。まあ、妹君には、やっぱり却下されそうな気もするけど・・・。ヤツの店のロールケーキは、しかし確かにおいしかったんだよなあ。

6. ランチ
ランチを食べる為に転々としてしまった。
サラダ+スープ+サンドイッチ(w/ソーセージ)+コーヒーで 1,050 は良心的。
味は普通かなあ。次回はあっちかあっち。そしてコーヒーはあっち。

7. 世界チャンピオンの肉まん
こぶりでおいしかったけど、私の好みの味とは違いました。残念。でもおいしいよ。

8. シュークリーム&タルト
みかげが人の家を台所で判断するというなら、私はシュークリームでケーキ屋さんを判断する。というと大げさだな(笑)。単にシュークリームが好きなので、あれば買ってしまうだけなのだ。結果、食べ比べになるだけのこと。
前日のロールケーキに乗せられ、モトヤの Cafe の方へ進出。普通においしかったです。甘すぎず、あっさりと。ちょっと生の割合が多いかな?でも合格合格。
タルトはねー、ちょっと甘かった。さすがに夜複数食べるのが気が引けて、朝食べたからそれも悪かったのかもな・・・。ケーキよりも、暗い中「防犯」の表示を見ながら、ひぃーーー、って思いつつ階段を登った事の方が印象に有るかも。無事にたどり着けてよかった。
お茶するのに良さそうなお店(2F 見てないけど)。繊細なケーキが好きな人は、ちょっと好みとあわないかも?ジャン・ミエのほうがよろしいかと。ただ、ジャン・ミエは喫茶スペースがいかんせん狭いのだ。
まあその辺は置いておいて、シュークリームはエストローヤルを抜くものにまだ会えてない。最近食べてないけど。

しかしよく食べたなあ・・・。またでぶってしまうなぁ。
[PR]
by hiranori | 2006-01-23 13:16 | ごはん・たべもの

冴えない一日でした

今日は用事の無い一日だったので、のんびり、かつ買出しや掃除(ちょっとだけ)が出来たりして、なかなか満足な一日だった。
と思ってみたが、そんなことない。振り返ってみたらかなりやらかした一日だった。

1. 陶器のお皿だからって熱に強くない
私の中では、陶器=焼いて出来たもの=熱に強くて当たり前、だったのだが、実はそんなことが無いことが判明。前に買ったフェタチーズが残っていて、カナッペにして焼くとおいしいと雑誌で見たので、パンの上にトマトと一緒にのっけて焼いてみた。いつもはパンをそのままのせるのだが、それだと何かと下に落ちて厄介だ。なので今日はお皿ごとやってみた。そしたら取り出そうとした時に、お皿がなんと、ぐにゃっと曲がった。驚いて見たところ、お皿が半分に割れた。

2. コート
今日も昨日ほどではないほどにしろ、寒かった。といっても今日は休日、休日の中でもさらに休日、なので、ちゃんとしたコートを着る気にならない。どうせその辺だし。という訳で、高校の頃から着ている P コートでふらふら。手袋も持っているけどかばんの中に入れっぱなしでコートに手を突っ込んでいた。そしたら・・・気付いたら一番下のボタンがなくなってた。

3. いい加減片付けを
今朝カーテンが 1 セット届いたこともあり、この機会にもうちょっと片付けよう!と、片付けを敢行。と思って、棚の上に置いてあったプラスチックの衣装ケースを取ろうとして、あーーーーっ!と思うと同時くらいに床の上に落っことした。箱はもちろん壊れたし、床には見事にざっくりと傷がいった。ショックすぎる。

4. 気を取り直して片付け
とりあえず片付けはやろうと、気を取り直す。昼間洗ったカーテンを片付けられるかどうか、乾燥状況を見に行く。まだぜーんぜん乾いていない。仕方が無い、もう少し乾燥させようと浴室乾燥のスイッチを入れて部屋に戻ると、、、バチッと音がして、真っ暗に。あー忘れていた。暖房+乾燥は、落ちるんだった。という訳でこの家で 3 度目のブレーカーダウン。でも絶対落ちやす過ぎやって、ここ。

5. それでも片付け続行、の結果
ため息をつきながらモノを収納する為にあけていたベッド(ベッドの下の部分にちょっとスペースがある。マットレスの下にあたる板を外して入れる)を閉じようとしたところ、ベッドが壁により過ぎていて、板で壁のクロスをこすってしまった。ざざざっと傷が行く。

ということで、かなり踏んだりけったりな一日だった。こりゃ全く冴えないな。
[PR]
by hiranori | 2006-01-22 23:00 | ふとした事/思いつき/雑記