<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

from 19 to 25

先週末分から Update しようとして下書きしていたものの、結局アップできず。なんだか今更だなあ問いう気がするものばかりなので、とりあえず 1 週間をまとめて掲載。まとめたところで、今更にかわりはないのですが・・・。

土:YOGA&Trip Plan
久々に YOGA。やばい、このままではチケットが余ってしまう。久々すぎて、途中でやめたくなる。ゆっくりなのに厳しいのが YOGA。後はのんびり。夜は友人とチャットしながらひたすら旅行の宿探し。やり始めたら長くなり、結局 4 時頃までかかった。そして最終決定は先延ばし。毎度のことだが、個人旅行はこうなる。

日:have my hair cut
ばっさりいってみました。すっきり。テーマは大人ショート。気に入ってます。

月:left my PC at home
Note PC 忘れて会社に行った。ランドセル忘れるような感じ?でも行く時には普通忘れないよね。髪切ったのを見せにあちこちに行き、「大人っぽくなったねー」と誉められ(?)る度に「でも今日、PC 忘れちゃったんですー」と、あんまり関係ないけど付け加えてみた。皆様、「・・・え?」って顔。

木:too much?
資料を請求したらいっぱいきた(有料+無料)。重複情報も多いが、なかなかの充実っぷり。楽しみ、楽しみ。でもたくさんありすぎて、夜に読むには多すぎて、ちょっと疲れてしまった。

金:iPod
ここ数年ずっと買おうと思っていた iPod をとうとう買うかと、見に行くために早く帰ることにしたのだが、だんだん面倒になってきて、結局やめた。こうやって既に 3 年ほど過ぎている気がする。いつになったら我が物になるのか、iPod。いつも欲しいものリスとの上位にあるものの、瞬間風速の強いものに負ける。

写真は週末にみたアスカ2号(あずさ2号と響きが似てるのはいかがなものか)と、送られてきた資料たち。かわいいけど、こんな一気に読めん。でもまじめに読み出すと面白かった。

d0018877_21393148.jpgd0018877_21391777.jpg
[PR]
by hiranori | 2006-08-28 21:42 | ふとした事/思いつき/雑記

未だによく言われること(関西出身者に対して、編)

未だに聞かれることがある。なんだか面白い。でも大概、関東の方々にとっては興味深くない(笑)。

1.「え、納豆食べれるんだ?」
「フジヤマ、ゲイシャ」と言われている気分。ええ、大好きです。そしてそう答えると、寿司の好きなアメリカ人みたいに思われているのだろう。相手がちょっと落胆して見える。

2. 「出身どちらですか?」
なんとなく漫才系のしゃべりな気がする、でもそう直接的に聞いていいものかどうか、という様子が伺われる。続く会話は大体こんなの。

「関西です」
「ああ、やっぱり」

やっぱりって思ってたんなら言わんかい、と突っ込みたい。
ちなみに、「関西の方ですか?」と言われると、それ聞いてどないすんねん!と突っ込みたくなる。そして標準語じゃない人を見つけると、真っ先に出身を確かめてしまうのは私(結局お前もか)。

3.「大阪ですか?」
関西出身だと言うことが分かると、まず大阪を出される。これ、関西人(Except 大阪人)にはちょっと微妙、というか、恐らく京都と神戸人には微妙。それぞれ(持ってどうするという突っ込みは否めないが)こだわりがあり、お互いに相容れない。よって、大阪、といわれてもねえ、みたいな雰囲気が京都・神戸人にはある(大阪はまず言われるし、人種的にもそう思うことはないだろう)。関西=大阪ではない、大阪が一番な訳ではないんよ!という、妙なプライドがあるんでしょうねぇ。

4.「たこ焼きおかずにご飯食べるんでしょ?」
人によります。私はやりません。でも通常、たこ焼き機は一家に一台あります(私の世代までは確実に。鉄板のみ含む)。

つづく
[PR]
by hiranori | 2006-08-18 18:01 | 関西・関西人

遅刻≠寝坊?

とある朝一の Mtg にて。
時間どおりに席に着いている私を見て

A: お!良かったよー。今日ひらのりが Mtg 来なかったらどうしようって、俺どきどきしたよー
私:えぇーー!なんでですか!
でも私、遅刻するわけじゃなくて寝坊なんですよねー
A: ・・・それ、どっちにしろそれ遅刻だろ

いつも反省はするものの、なんとなく、寝坊するのは不可抗力だ、と思っている節がある私。その私が発言すると、こういう結果になったりする訳だ。確かに。そりゃ遅刻に変わりない。ご尤もなご意見である。ごめんなさいです。
[PR]
by hiranori | 2006-08-18 17:55 | ふとした事/思いつき/雑記

お隣で眠りに落ちていた方へ

くーっと倒れてきて、肩にぶつかる度にビックリしないで下さい。毎度ビックリされると、こちらも一緒にビックリしちゃいます(笑)。
[PR]
by hiranori | 2006-08-18 17:54 | ふとした事/思いつき/雑記

引越願望

引越し好きだね、とここ最近いわれることが多かった。そういうわけじゃないんだけど、と言っていたけど、どうも私、引越し好きみたいだ。まあ、飽き性だってことなんだけどさ。
夏になり、湘南方向や千葉方向、果ては伊豆方向に行くと、別にその辺に住んだっていいじゃん?と思うようになる(危険)。今のところは楽しいし、好きだけど、難点は家賃の高さ(これは私が妥協すれば済む話だが)と、何より食材がイマイチなこと。どうしても逗子と比較になるため、野菜・魚系がいけてない。他の食材は、逆に逗子でだって揃う。横浜の方が勝ってるの(食べ物系)って、中国系食材と中国茶、あとパン屋が近い、位か?
という訳で、やっぱり鎌倉/逗子あたりに済みなおそうかなー、と、妄想してみた。が、同僚に相談してみた結果は以下のとおり。
「今から家賃 2 万円安くなったとして、引越し代、敷金礼金、とすると、2 年同じ所に住むなら同じですね」
・・・ご尤もでございます。今引っ越せば先にその分家賃は安くなるものの、また 2 年後に引っ越したい病に掛からないとも限らない。悩ましい。
[PR]
by hiranori | 2006-08-15 13:57 | ふとした事/思いつき/雑記

タッチ

通して読みたい。高校野球のせいだな、絶対。
[PR]
by hiranori | 2006-08-15 13:31 | 音楽・本/漫画・映画・芸術・TV

「私には無理だ」と思うこと

無理なことって世の中にあると思っているのだが、本当にそうなのかどうか、迷うことも多い。あきらめているだけなんだろうか?私が無理だと思ってあきらめたことも、どこかに、場合によっては近くに、超えていく人たちがいる。その人たちも、もしかすると、苦しい、無理だ、って思っているのかもしれない。だけどあきらめなかった結果なのかもしれない。
しかしその反面、絶対に無理なことも存在するんじゃないのかと、やはり思う。これは私には無理だ、と諦めたものを思うその時、本当に無理なことだったのか、あきらめただけなのか、いつも迷う。
[PR]
by hiranori | 2006-08-15 13:30 | 考え事

面白いことをやらなくちゃ

何をすればいいか。何をしなければならないか。それをどうやってやるか。どこでやるか。誰を巻き込むか。いかに資金を調達するか。
人の話を聞いているうちに、仕事にしたって、自分が楽しむため、というのが根底にあってこそ、こういうのってできるんじゃないのかなと思った。人のため、とか世のため、は、もちろん要素としてあるけど、根本にはなり得ないんじゃないだろうか。それが自分の幸せ・楽しさである場合はそれでいいけど。思ってるのと逆なのかもしれない。
働かないとお金は入らない訳で、お金が入らないと生活していけないわけで、自分の好きなことをして生きていけるなんて、そりゃその方がいいに決まってるけど、それに重心が行き過ぎてもいけない訳で、と思っていたのだが、結局根本的なところで自分の興味がないと、効率も上がらないし、頭も回転しないのかもしれないなあ。
[PR]
by hiranori | 2006-08-15 13:22 | 考え事

Diving 2006 その2

雲見です。西伊豆なので、東京方面から行くのは結構遠い。でも伊豆の中では屈指のポイントとして名を馳せている(はずの)雲見。伊豆からの出発なので、朝早く到着することも可能、午前中で 3 本潜り切りました。よかったよかった。
ここの特色は、なんといっても地形。谷アリ山アリ、トンネル、洞窟その他諸々のある、地形派にはたまらないポイントであり、かつお魚もいっぱーい!ボートだけどあっという間に陸につく!と、おいしいポイントなのである。ボートは酔うことがあるので、ぬぬぬと思っていた私でも、この距離なら全然平気!ボートダイブのポイントとしてはかなり素敵でした。
しかしですねー、何が問題って、忘れてたんですが、地形がすごいというのは、高低差がすごいということで、それって私のような中途半端なダイバーにとっては結構大変なんスよね。。。上がったと思ったら下がって、下がったと思ったら低すぎるのでもうちょっと上がらないとだめだったり(※ 深いところにずっといると窒素がたまりやすくなり、窒素症に陥るので、深度をコントロールしないとダメ)、かつこういうところだと流れがあったりもして、色々厄介なんです。前日で勘を取り戻したように感じていたものの、ぜーんぜんダメじゃん!という、反省ダイビングになりました。
とはいえ、勿論それでめげてる場合ではないので、2&3 本目は色々試行錯誤、結果とてもリラックスしたダイビングにすることができました。良かった良かった。師匠からは、前日の分が効いていて余裕のあるダイビングでしたとのことで、満足でございます。
あちこちで群れている魚たちに遭遇。ふわふわ群れているのが多かったけど、時々すばやい集団がいて、格好いいったらもう。
今年はもう少し潜るぞと、固く決意したのでした。・・・これがいつまで続くかが、ねぇ。
[PR]
by hiranori | 2006-08-13 22:00 | Diving

Diving 2006 その1

夏だ!という訳で、先週に引き続き、海へ遊びに行った。というか、とにかくダイビングをしに行ったわけで、あまり「遊びに」という感じではない。なぜなら私がお世話になっているショップは超体育会系、自分のダイビングには自分で責任を取れ!と言わんばかりの、自立推進(?)ショップだからである。
毎年ダイビングに行くと、うわー、もっと潜りたいーー!と思うのだが、その後あっというまに日常に流されて、結局 1 年に 1 回(1 タイミング)でしか潜っていない私。今年もこれが最初で最後になりそうだなーと予感しながら、伊豆まで行ってまいりました。
1 日目の今日は、いつものフィールド、八幡野。この日はナイトダイブができる貴重な日だったので、昼間 2 本、夜 1 本の計 3 本にしてみました。1 年ブランクが空いているので、夜までにちょっと慣らしが必要だなということで。
いやー、楽しかった!1 本目、また潜行ができないんじゃないかとちょっとどきどきしていましたが、さすが去年の大島合宿が効いているらしく、結構順応するまでが早い。その後、2 本目、サンセット&ナイトの 3 本目まで、楽しむことができた。3 本目は、結構濁りが入っていて、むしろナイトになってしまってからの方が開き直れて良かった気がする。

貴重な生物たちにも色々遭遇。特筆すべきはこの子達かなあ。

・ナヌカザメ(卵)
ものすごく貴重(らしい)。すごい大きさ&形の殻。あんなものよく生めるな、メス鮫よ。
卵の中で子供が動いていて、なかなかすごい光景だった。へその緒でつながっていて、6cm 位になってから外に出るらしい。

・ハナタツ(タツノオトシゴ)
ナイトになると、Exit 用のロープに大量に付いていた。最初は「おぉ!!」と反応しまくりだったが、あまりにたくさんいたので希少価値が・・・(笑)。まるで村みたいだった。師匠は「ハナタツハイツ」と名づけていた。かわいい(笑)。

今は産卵の時期らしく、いろんな生物が卵を抱えていたり産卵していたりした。あたりまえだけど、みんな生きてるんだなあ。ちなみに私は、群れが好き。ナイトの直前、サンセットの時に現れたタカベの群れがすごい格好よかった!群れ大好き。大物<群れな気がする。でももちろん、大物もかっこいいし、小さいやつも捨てがたい。
という訳で、楽しいダイビング 1 日目終了。明日は初の、そして念願の雲見!
[PR]
by hiranori | 2006-08-12 22:00 | Diving