<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

20070219 サイパン03

まだまだ潜る人たちにうらめしい視線を送りつつ、3 名は先に帰途へ。現実とのせめぎ合いってヤツですね。

d0018877_1591966.jpg夏の終わりの少年たち(笑)。Stand By Me 南国版とでもいうか、いっぱい冒険したね、とか、そんな感じ?
それにしても、陸上で写真を殆ど撮らなかったのが悔やまれる。後で見てみたら、人の陸上の写真が結構面白かったりしたので、次回はもっと色々撮ってみようと思いました。


空港では一騒動。サイパンはアメリカの規定にのっとって?チェックするのでめちゃくちゃ厳しい。トランクは開けてチェック。で、納得行かないのだが、どうみても 3 人のうち、私が一番何もしなさそうなのに、一番念入りに荷物チェックを受けさせられた。ぜーんぶひっくり返してチェック。おまけに、私が頑張ってうまく詰めたのに、無視して超適当におじさんは荷物を詰めた。「そこにそれ入れちゃだめだって!」と、手を出そうとすると怒られた。そして最後はお決まりの、フタが閉まりません、ってやつ。だから言ったのにー、と思ったが、おじさんは隣のおじさんを読んで、力技で解決。おー。っていうか、あたしの荷物なんですけど!!
その後更に手荷物チェックのところで、機内に液体を持ち込んじゃダメなのを忘れてて(正確には DFS で買ったからいいと思い込んでいて)、お酒を取り上げられそうになった。外の DFS じゃだめなのね。でも空港で売ってないって言われたんだもん。そこから更に荷物預けのカウンターに差し戻し。しかし、もう一度列に並んで荷物チェックを受けろという。そんなのやってられるか!(ちなみに悪いのは私)。とりあえずごねてみた。そしたら向こうが諦めてすぐチェックしてくれた。ラッキー。その後無事に手荷物チェックを受けて中に入ったら、ないといわれたお酒が普通に売ってて、ショックだった。
そして出発。さらばサイパン・・・と思ったら、機体に不具合発見ということで、待ちぼうけ。
d0018877_203425.jpgd0018877_205594.jpgこのまま帰れなくなったら悔しい(だったらもぐっときゃよかった!)と思ってじれていたが、結局 3 時間遅れて出発した。というわけで「夕方の空港」「あれ?まだ空港?」の 2 枚です。
最後までトラブルったわねぇ(笑)。ま、でも面白かったから良しとしましょう。そんなこんなのサイパンダイビングツアーでした。あー面白かった。絶対にまた行くんだ!
[PR]
by hiranori | 2007-02-27 02:05 | Diving

20070218 サイパン02

2 日目: 早朝グロット -> ボート(沈船) -> ボート(イーグルレイ・シティ) -> グロット

d0018877_1432091.jpg早朝からグロット。まだちょっと暗いので、洞窟から見る外洋も、少し深めのブルー。
ナイトもやったのに、05:30am に集合とか、リゾートと思えない潜りっぷり(笑)。朝起きるのはとっても苦手ですが(朝じゃなくても苦手ですが)、早朝ダイビングは実はすごく好き。気持ちいいんだよね!あと、魚がいっぱいいる気がする。彼らにも食事とか出勤タイムがきちんとあるらしく、日が昇るか昇らないかあたりは、いいタイミングらしい。


その証拠に・・・
d0018877_1451514.jpgd0018877_145228.jpgd0018877_1443767.jpg






もしやこれは?これは!カメ!亀!かめーーー!危うく浮きそうになって止められました。急浮上ではありませんでしたが、透明度いいし、ね、ほら、ね。って、カッコワリ。ちなみに見づらいですが、1 枚目の亀の横にいるのはバラクーダですね。すっごい気持ちよかった!


d0018877_1505679.jpgお次はボート、沈船&イーグルレイ。沈船は、松安丸、という日本の船艦らしい。サイパンには戦争の傷跡が色々あって、少し湿った気分になるのだが、そこを漁礁として魚が大量に住んでいるのだから、全然彼らの方がタフだ。我々の活動なんて、ほんとちっぽけなんだろうな。


そしてイーグルレイ(マダラトビエイ)。27 枚、みんなフワリフワリと翼を動かしていました。d0018877_1513213.jpgd0018877_1515067.jpgちなみにここは流れが結構きつくて(流れが無いと、トビエイいないらしい)、久々にぎょえーっと思いながら進みました。右の写真は、みんなでエイを見ているところなのですが、耳付きフードがちょっとポイント(笑)。

最後に今回ライセンスを取りに来ていた人たちも合流し、しのっち。組御一行さまでグロットを潜りました。ほんと楽しかった!水の中から、出たくなかったな。
[PR]
by hiranori | 2007-02-27 01:56 | Diving

20070217 サイパン01

一日目: ラウラウビーチ*2 -> グロット -> ラウラウ(ナイト)

まずはラウラウ。
d0018877_15536.jpgd0018877_151562.jpg

アジ玉と対面。すごいよー、玉だよー!アジ玉だ!全部アジだ!


d0018877_185174.jpg

サイパン固有のクマノミ、オレンジフィンアネモネフィッシュ
いつも思うのだが、クマノミってじっくり顔を近づけてみると、結構いけずなかんじがする。

d0018877_1105761.jpg

何故かサイパンだと、ミツボシクロスズメダイの下の方が青い。
伊豆ではもう水温下がって彼らの生息は厳しくなったけど、やっぱり南国だと元気なのね。でもちびっこい。このちびっこさがたまりません。


d0018877_1125156.jpgそしてグロット。素晴らしすぎます。さすが世界 No.2 の人気ダイビングポイント!(No.2、ってのがちょっと笑える)
この青さがたまらなくて、後で見てみたら、そればっか撮影してました(魚撮ってない)。ちなみにこれはガイドさん。フィンも長くて、絵になります。今の私の会社 PC は壁紙これ。


2/17 は姐御:もぐらさんのお誕生日でした。夜は皆で乾杯!サイパンでダイビング&お誕生日って、気持ちよくていいなあと、思いました。
[PR]
by hiranori | 2007-02-27 01:14 | Diving

2007017-19 サイパン

皆様にご心配をお掛けしながらも、サイパンに無事行って参りました。いやー、すごい楽しかった!あんなに海が青いなんて!あんなに透明だなんて!ほんとに感動モノでした。d0018877_058228.jpg
このためといっても過言ではない写真も頑張った!が、全然だめー。白っぽく写ってしまい、折角のサイパンの青が撮れてませんでした。そもそも写真が苦手なのに、海の中になったら急にうまくなる、なんてことはないですわな・・・。でも抜けた海の中で写真を撮るのは、結構面白かった。似たような構図ばかり撮ってしまったけど。またお勉強して、次に行く時にはもっと綺麗な青を切り取ってこようと思いました。
ともかく、ほんとに楽しかった。「いいんだけどなんせあの階段がね・・・」と行った人皆が口々に言っていたグロットは、確かにかなりしんどかったけど、本当に行く価値があった。好きすぎて、2 日間で 3 回も行ってしまいました(笑)。1 日グロットでもいい位。本当に、絶対にまた行きたい。つい時間を置いてしまったので、コメントは短めに(笑)書きますが、ま、許して下さい。
企画してくれたしのっち。、参加された皆さん、005R の皆様、本当にありがとうございました!
[PR]
by hiranori | 2007-02-27 01:00 | Diving

想像力を伸ばすには?

自分のことって、意外と大人になってから初めて知ることが良くあるのだが、この度は、私に備わっている想像力は全然足りていない、ということを知った。
そもそも妄想癖があるため、もわーっと妄想(想像)は広がりやすい。なので、想像力があると思い込んでいたのだが、それはあくまで自分がベースであり、よく言われる「人の気持ちになって考える」というが、やってるつもりでも全然違っていたようだ。
あるシチュエーションに面した時に、A かな B かな、と、自分の立ち位置を考える。私は優柔不断なので、A かな B かな、でも C かもしれないし D もわかる、っていうか、E なのかも?とか思う。これによって、5 パターン位は頭の中にある。更に、これはヤダなー、という F、なんてのもあったりする。はい、6 パターン目。で、問題なのは、ここで That's all になっちゃうことだ。10 人 10 色という言葉があるように、人なんて、人によって、状況によって、気分によって、意見も立ち位置も変わったりする。全パターンを想像するのは無理だしさすがに無駄が多いので、まだ他にもある、というパターンを 1 つ、頭に入れておくべきだ。自分の立ち位置を見失いやすいので、一度決めるとそこからの視点に固定されてしまう傾向にあると思った。自分の考えを保持しつつ、他も考える。両立って難しい。
[PR]
by hiranori | 2007-02-26 14:01 | 考え事

南国への旅、おまけつき

今日の夜から、サイパン行ってきます。目的はダイビング、それのみ。海外で潜るのは初めてなので、ワクワクです。
いわゆる「夜便」ってやつだがフルに働くと、微妙な時間。またうちの部署は、会社にいると仕事が降ってくる仕組みになっているので、行くと仕事が発生する事が多い。それにこのクソ忙しい時期に休みをもらうなんて、ばかもーん!と思われても仕方ない状況。ただこのところの金曜は、午前は忙しいが午後になると急に時間ができるという、オアシスのような日が続いている。よってそこを利用し、午後休を申請、月曜だけお休みさせてもらって、遊びに行く事にした。心優しい上司、先輩方に心より感謝。

で。
今朝、起きたら 12:30。PM。
今年初、寝過ごしました。あーあ。さすがに驚愕しました。上司からは「飛行機に間に合いそうで良かったですね」とメールを頂きました。すみません・・・。今は開き直って洗濯しています。
というわけで、いってきます(まだいかないけど)。
[PR]
by hiranori | 2007-02-16 13:33 | ふとした事/思いつき/雑記

ぐちってリフレッシュ、たまには許そう

疲れた。さすがに疲れてきました。あー、この気の張りようがヤダ。これが 6 月まで続くかと思うと、オソロシィィィィ。いや、まあ、基本的には、であって、ずっとじゃないんですけどさ。もちろん間で遊んでるしさ。どうせ週末は逃亡するんだしさ。相変わらず眠いしさ。
基本的に仕事に集中するのは好きなんですよね、私。どうせマルチには出来ないから、没頭できちゃった方がちゃんと進む。とはいえ、今年に入って、仕事に浸かっている時間が多い。就業時間、というよりも、頭の中の仕事占有時間とでもいうか、領域とでもいうか。
とりあえず、片付けるところから片付けてみる。が、やることもどんどん積まれていく。わんこそばみたい。ただお蕎麦と違って、ストップをかけたところで、何も解決できない。
何が忙しい?と尋ねられると困るんだよな。まあ忙しいんだけど、説明しようとすると、なんか普通だし。そもそも、「忙しいんだよねぇ」といってる自分がちょっと感じ悪い。暇じゃないけどさ!
エネルギーが乗ってるときはいいが、糸が切れるとちょっと怖いな。息継ぎしないと、人間死んでしまいます。なのでたまには、こうやってどうしようもないことを考えてリフレッシュ。
まあでも、そういう(仕事漬け気分になる)お年頃なのかも。こういう時代も、必要なのかも。ここを抜けたら、もやが晴れたみたいな、爽快な気分になれるのかも。終わってみたらこんな時間もきっと、なんてことないこと、のリストに、また入るんだろうな。
さあて、仕事、仕事、っと。とりあえずは、できることから片付ける。結局そこに、変わりはない。近道なんて、そうないわな!
[PR]
by hiranori | 2007-02-15 00:37 | 考え事

食べものに例えると

先日の hs さんの日記を読んでいて思い出した。昨年の忘年会での一コマ。
「ひらのりを食べものに例えるとなんだ!?」というお題が出た。食べもの?食べもの?もしかしたらセクハラになりかねないこの質問に、当の本人はわくわく。何に例えられるのーーー!と思っていたら、とある方、曰く。

「ひらのりは・・・ゆで卵」

ゆで卵か・・・。ゆで卵か・・・。
いーけどさー、つるっとしてて。まるっとしてて(← いいや、よくない)。万人受けするし。何で食べてもおいしいし。便利だし。ちょっとアシ早いけど。
どうせならフルーツとかさ、そういう綺麗でおいしそうなものに例えられたかった。くそーーー。とても複雑な心境でありました。セクハラには程遠かったです。
[PR]
by hiranori | 2007-02-12 02:37 | ふとした事/思いつき/雑記

祝:100 本!

今更ですがご報告(本日は本当は 2/26)。
2/10 をもちまして、私、100 本に到達致しました。何がって、ダイビングの累計本数でございます。100 本。よく潜ったな。しかし同時に、長かったなあ。C カードを取得したのは、2001 年の秋だっけ。足掛け 5 年ちょい?飽き性の私にしては珍しく、一度(取得直後)盛り上がった後に平穏な日々に戻り、期間を経た上で再燃して今に至っている。今となっては、私の最大の趣味となったのであった。2006 年秋以降のペースで考えると、ちょっと趣味の域を越えているかも。
昨年末の大晦日ダイビングで 99 本目。100 本記念は、お世話になっている師匠のショップにて、お世話になっている皆様と、八幡野で。100 本が見えてきた時に、そうしようと決めていた。100 本は私の 1 つの区切れ目になると思ったし、その時に、ダイビングにおける第 1 転機となった方々と、区切れ目になったポイントで潜りたい、と思ったからだ。2 月半ばにサイパンに行くことになっていたので、その前に潜ることも決めていた。が、なんだかんだで予定があわず、サイパン行き前週の 2/10 にギリギリ設定したのであった。
100 本自体は意外とあっけないものであった。20 歳になった時みたいというか、夏休みの宿題の進捗表で100 個目のマス目を塗ったようなというか、結婚式はゴールじゃなくて 1 つの経過地点だしねという新郎みたいというか、ともかくそんな気分だった。ただ、100 本に到達したらこうしたいとかこうありたいとか、そういう思いはあり、私の中での区切れ目であることには違いない。
自分の中での、意外とフツウだなという気持ちとは別に、100 本到達をお祝いしてくれた方々の気持ちはとても嬉しかった。区切れ目って、こうやって、幸せだなあと改めて感じるための機会でもあるのかもしれない。
という訳で、100 本突破。まさかドライで、冬に迎えることになるとは思わなかったが、100 本まで無事に来れて良かったと思う。この後も、安全に、楽しく、スキルアップしつつ、潜れるといいな。あとささやかな希望として、一緒に潜る人が、楽しかったなと思える手助けができればいいな。
追伸: 写真はじめてみました。難しい。そもそも、カメラの使い方がわからない。なんでしょっちゅうサイズが違ってくるんだ?
d0018877_13573914.jpgd0018877_13574847.jpgd0018877_141132.jpg
[PR]
by hiranori | 2007-02-10 23:55 | Diving

free?

昨日の帰りの電車で。私の座っていた席の前で、関西出身らしき女の子たちが 2 人で会話を展開していた。お題は、最近行った(と思われる)海外旅行での治安について。行き先はイタリアであった様子。片方の女の子が、次のように説明した。

「蚤の市って知ってる?フリマみたいなもんやねんけど、」

みたいなもん、じゃなくてまんまやーーー!と、突っ込みたかった。これはもしや、フリーの意味を知らないな、お嬢ちゃん。

× free market
○ flea market

昔、フリーマーケットというのは、ただ同然の安い買い物ができる(あわよくば「もってけドロボー状態)、って意味だと思っていた。更に言うと、ノミの意味ではないらしく、みすぼらしいとかそういう意味らしい by Wikipedia。Wikipedia もそういえばフリー百科事典、だが、こっちは free、あたりまえ。手作りとはいえ、みすぼらしくあっちゃ困ります。

ちなみに第三者的に見ると(聞くと)よく思うのだが、関西弁で会話している人がいると、耳に入りやすい(≒目立つ)気がする。関西出身だから?つい会話を聞いてしまった言い訳ではありません。
[PR]
by hiranori | 2007-02-09 11:13 | ふとした事/思いつき/雑記