<   2008年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

そして神戸

d0018877_2054546.jpg取り敢えず、焼くでしょ。焼いたら飲むでしょ。流石に美味い。
[PR]
by hiranori | 2008-11-30 20:54 | ごはん・たべもの

引越祝い

d0018877_20515034.jpg「引越し祝いは肉がいいなあ」とお伝えしたところ、お父様よりお届け物 がありました。大好きよ、お父様♪
へっへーん、ダテに神戸人名乗ってないわよ(笑)。
[PR]
by hiranori | 2008-11-30 20:51 | ごはん・たべもの

まだいける?

弊社では通勤の交通費としてバス代も支給されるのだが、1km以上である必要がある。申請に距離証明を提出する必要があるので、バスの営業所に、証明を取りに行った。
対応してくれたおねえさん曰く。
「定期は、通勤ですか?通学ですか?」
えへへ、学生に見える?おねえさん。いや~、私もまだまだ若いってことね♪
因みに距離は、2.88kmでした。歩くにはちと遠いな。
[PR]
by hiranori | 2008-11-28 10:24 | ふとした事/思いつき/雑記

ハメハメハの子供

d0018877_10165561.jpg各種住所変更をするために、午前休。まずは町役場へ。役所、じゃなくて、ほんとに、役場、なのである。しかし今朝は、生憎の雨。雨だと見事にバスが来ない!おーい。雨の日は、うちに篭るしかないな。雨の日は家仕事、って都合よく出来たらいいのになあ。ハメハメハ大王の子供になりたい。
役場を出ると、雨は上がっていた。てくてく歩いて警察署へ。途中、郵便局を見つけたので、転送届の手続き。一色の郵便局、見掛けも内装も、可愛い!こんな郵便局、初めて見た。明治、大正チック。浮世離れしてるな、葉山。
とりあえず、ハメハメハの子供にはなれそうに無いですが、手続き上、葉山っ子にはなれました。
[PR]
by hiranori | 2008-11-28 10:16 | ふとした事/思いつき/雑記

高校生? - 早起きの弊害 -

通勤に時間が掛かる -> 早起きする -> 早くご飯を食べる -> 会社到着後、お腹が空く

という訳で、2 日連続、1 日 4 食。いいのだろうか。
[PR]
by hiranori | 2008-11-26 14:00 | ふとした事/思いつき/雑記

蓮根炒飯

d0018877_13574537.jpg昨日、買い物が面倒だったので、そのまま家に帰った。しかし家にある食材は限られている。使えそうなものは次のとおり

1. 蓮根
2. 冷凍枝豆
3. 卵(賞味期限切れ)
4. 牛乳
5. ソーセージ
6. にんにく
7. しょうが
8. たまねぎ
9. 友人が残してくれた冷凍ごはん
10.煮豚

加えて、ガスレンジの不良の為、現在 1 つしか火が使えない。とりあえず、1+2+3+6+9+10 で、「蓮根と枝豆の炒飯 煮豚入り」ということにしてみた。ご飯より蓮根の方が多いんじゃないか位の量だったが、まあよしとしよう。ついでにとろろ昆布で即席お吸い物。蓮根入りご飯は、アリだと思う。結構おいしい。
蓮根を入れたお陰で量が多くなったので、お弁当にしよう!と、半分をお弁当箱に入れたが、見事に冷蔵庫に忘れてきてしまった。今日の夜ご飯は決定だな。
[PR]
by hiranori | 2008-11-26 13:57 | ごはん・たべもの

いま何時?

本日より、葉山からの出勤。葉山に引っ越しました→遅刻、というわけには行かない。昨晩寝る前に、目覚ましの設定を確認した。私は普段、オーディオで目覚ましをセットしている。よしオッケー、6時に起きるぞ。
しかしそこでふと思った。このオーディオの時計は、あってるのか?
最近ずっとコンセントを差しっぱなしだったので、時計があっているか、 気にしたことはなかった。しかし今回、引越しが実施された。記憶喪失のように、彼に空白の時間ができてしまったのではないだろうか。これは、現状を確認する必要がある。
ところが、だ。普段気にしないだけあって、どうすればオーディオが認識している時間が私にわかるのか、が分からない。取り扱い説明書もあるが、どこかの箱の中だ。これは困った。本当に起きれるのか?私。
仕方がないので、携帯でも目覚ましをセットした。無事に起きれますように!
朝起きたのは、オーディオではなく、携帯でもなく、どこかの箱の中から聞こえる、目覚ましの音だった。携帯は気付かなかったようだが、オーディオは鳴った気配ナシ。うーむ。やはりか。
オーディオよ、君は今、どの時間を生きているのだ?
[PR]
by hiranori | 2008-11-25 09:36 | ふとした事/思いつき/雑記

麗しの葉子ちゃん

d0018877_0212888.jpg部屋の段ボールをとっぱらうのはまだ暫くかかりそうです。ま、ベースの生活ラインには差し支えない程度になった(正:して頂いた) ので、のんびりやります。
写真は、まだ荷物が入る前の部屋、私が一目惚れしてしまったキッチン部分。設定が低めだとか、冷蔵庫を置ける場所が変だとか、蛇口に難ありとかやっぱり色々ありますが、今の私にとっては、そんなものえくぼです。
[PR]
by hiranori | 2008-11-25 00:21 | ふとした事/思いつき/雑記

葉山便り: START

d0018877_12491355.jpg
昨日、無事に葉山入りしました。
屋上から見た夕陽は、とても綺麗でした。あー、ここから私の葉山生活が始まります。
[PR]
by hiranori | 2008-11-24 12:49 | 葉山・逗子・鎌倉・横須賀

Love Letters

大学のゼミの先生から電話があり、「ところで引っ越すんですけど」と言ったら、「また引っ越すのか!あなたほんとに引越しが好きだなあ」と言われました。先生までそんなこと言いますか・・・。いつ引っ越すの?と言われたので、明日です、と答えると、そんな時に電話して悪かった、と、恐縮された。
引越しの荷物をまとめていると、色々なものが出てくる。普段はしまってあって、引越しのときになると表に出てくるものたちだ。普段はめったに見ないけれど、やっぱり捨てられない、大切なものたち。たとえば昔人にもらったプレゼントや、手紙など。
手紙の中でも特に愛情の強いものがあり、これらを私は時々読み直す。友達からであったり当時の彼氏からであったり、書いてくれた人はまちまちで、もらった時期もまちまちだ。だけどどれも、私を肯定し、私への愛情を示してくれていることは共通している。内容もまちまちだが、総称してラブレターと呼んでもいいだろう。それらの文面からは、ネガティブな香りが不思議なほどしない。時間の経過とともに、その周辺の悪い要素が流れてしまったのだろうか。逆に良い感情は綺麗に文面に残るようで、いつ読んでも、私は微笑ましく、暖かい気持ちになれる。
彼らは私がこれを、こんなに後になってもまだ読んでいると、あの当時思っていただろうか。これにどれだけ元気付けられてきたか、もらった当時よりもむしろもっと後になってから、私の支えであり続けるであろうことを、あの当時、想像することはあっただろうか。きっと彼らはそんなことは考えていなかったに違いない。けれどこれらの手紙は確実に、何度も、私を暖めてくれた。私への愛情を示してくれた友人たちの過去に、改めて感謝したい。
引越しの度に、一応すべてのものが要る/要らない協議にかけられるわけだが、この手紙たちは、毎度微笑みと共に「要る」側へ分類される。普段目にしないことと、要らないことは、別なのだ。
でもほんと、もうしばらく引越ししないんだから!ほんとにモウイヤ。色々な発掘も面白いが、そうはいっても引越しはやっぱり面倒だ。
[PR]
by hiranori | 2008-11-23 04:35 | ふとした幸せ