人気ブログランキング |

尼崎より 1 年

一年はあっという間だということをこういう時に感じたりするのは、ちょっと不謹慎な気がする。でもやっぱり毎年思うんだろうな。
私や家族、友人の多くは、たまたまこの沿線に住んでいなかったから、直接的には関わらなかった。それでも重いものを感じずにはいられない。
事故以来、人の死に敏感になった、と書かれていた方がいた。思ってもみなかった事が、突然降りかかることは、ある。それ以来、それは「思ってもみなかったこと」ではなくなるし、他人事ではなくなる。
人生の素晴らしさや愉快さに驚き、感謝し、感激することが多い。しかし世の中に起こることは、表裏一体としてセットされているように思う。脆さ、危うさ、儚さ、そういった暗い側面に覆い被さられるような、そんな気分になることもままある。結局、ふとしたことに怯え、ふとしたことに希望を見出して日々を積み重ねることが、人生というものなんだろう。ほんの些細な幸せも、きちんと受け取って大切にしなければならない。
犠牲となった方々に、全ての方々に、心より追悼の意を捧げます。
by hiranori | 2006-04-25 21:52 | 考え事


<< semi かもめ食堂 >>