人気ブログランキング |

外で食べるお好み焼き

この間もつい、変だ変だと言ってしまったのだが、外でお好み焼きを食べる(自分で焼く編)場合、どうして具が混じってるんだろう。出すときに楽だから?私的には、もんじゃの仲間として扱われているからじゃないのか、と思っている。ちなみにそれは、もんじゃに対してもお好み焼きに対しても、微妙に失礼な気がする。
家で焼く場合は、ネタと具は別。バリエーションがあっても、具を横で焼いておいてネタに乗っけるか、ネタの上に生の具を乗っけるかの違いくらい。初めて具が混じったお碗を見たときは、びっくりしたもんだ。だってほら、ねえ、お好み焼きって、上にお肉とかイカとか、具が乗ってるよねぇ?ネギ焼きは混ぜちゃっていい気がするんだけどさー、お好み焼きはさー。
なーんてウダウダといってみましたが、結局は焼き上がって胃に納まれば大差ないのです。そして、既に混じってしまった具を拾い出すほどの熱意も無い。結局はどうでもいいのか?
by hiranori | 2007-03-23 13:52 | ごはん・たべもの


<< 本日の車掌さん 三重で食べたいもの >>