勘定科目: 寝坊による経費

今年の目標は、しつこいが才色兼備。才色兼備なお姉様を目指す身としては、お金の管理も鮮やかに、行う必要がある。そこで収支を分けてみようと思い立った。収入に対して、固定費用/流動的費用で分けた支出を照らし合わせてみようではないか、というステキな試み。えらいぞ、私。
ま、そんなこといって、これまでに散々収支の管理はしようとして、失敗してきてるんだけどね。思うに私の場合、何でもやることが極端で、程ほどに、という風にやってないからだめなんじゃあ、と思う。お金の管理も、大まかにやる位にしないと、きっと続かないんだな。そもそもマメな性格じゃないんだし。ここまでは分かっているので、今年はテキトー管理でやることにしよう、と決めた。
そこでふと、気が付いた。そもそも私のお金って、チリツモ式に使われている事が多い。つまり、大きくがっつり何かに使っているのではなく、細々した食事や買い物の積上げが、私のお金を食っている。そこに、もしかして寝坊の影響があるのではないだろうか。
最近大型の寝坊はめっきりなりを潜めたが、プチ寝坊は山ほどある。プチ寝坊をすると、実はいつもよりお金を使っている気がしてきたのだ。
まず、プチを取り戻す為に、通勤経路を普段と変える。普段は快適さを優先しているが、遅くなると快適さより速さの重要度が増すので、別経路で出社するのだ。時間短縮のため朝食を抜いて出社するものの、耐え切れないのでご飯を買って食べる。寝坊した自分にカツを入れるために、栄養ドリンクを投与。ランチもお弁当作戦は却下なので、買うか食べに行く。これで大体余分に \2,000 払う計算になる。みみっちい話ではあるが、そもそもチリツモ出費である私の予算に、大きく陰を落としていることは明確だ。そうか、これまで食費や交通費に分類していたので、その影響度が見えなかったのかもしれない。今年は「寝坊による経費」項目を、収支表に追加してみようか。それともそれは、最初から予算化しておくべき経費なのだろうか。
そんなことを真面目に考える前に、寝坊することを止める手立てを考えろよ、と、自らツッコミ、寝坊の影響範囲に、改めて感じ入った次第であった。恐るべし、寝坊。
[PR]
by hiranori | 2008-01-17 18:04 | ふとした事/思いつき/雑記


<< 富士の見える窓 魚の骨 >>