人気ブログランキング |

父が車を乗り換えたい話

本日の父は一日中、私のお抱え運転手状態。友人の式に出席する私を美容院へ送り届け、更に披露宴会場へ送り届け、披露宴が終わった後再度ピックアップして、横浜に向けて空港へ送り届けるというスケジュール。友人曰く、アッシー状態。お父様ありがとう。
自然と父との会話が増えるのだが、その中で車を買い換えようかなという話があった。この話、前日父と母と 3 人で車に乗っている時に、父が急に言い出した話だった。

父「お、お前知ってるか、お父さん車乗り換えんねん」
母「えっ、聞いてないわよ!」
私「あ、なに、会社の車?」
父「いや、違う、この車(=ビートル君)」
私「ええぇぇぇ!」
母「聞いてないわよーーー!」
私「断固反対。でも何に乗りたいの?」
父「これのカブリオレ」
母「そんなお金ないわよーっ!」
私「うーん、ビートルのカブリオレか・・・それなら仕方ないなあ。色は?水色にしようよー」
父「お父さん、水色の車なんて乗られへん」
私「絶対水色!!めっちゃ可愛いって!」
母「だから、誰が買うのよー!」

お前知ってるか、も、何も無い。だがひらのり家の平和さを感じさせられた一幕であった。しかし、ちょっと不安になった。父はいつも思いつきのように発言するが、言ったことはほんとにやってしまう傾向がある。話が逸れるが、私の勢いでやっちゃう系は、この父の性格を受け継いでいると思うのである。
同じビートルなら、別にこれでもいいんじゃないの?というと、でもこの車も実は 10 年乗ってるしな、という。でも絶対走行距離少ないでしょ、勿体ないんじゃない?というと、彼はこう言った。もう多分車変えるの次が最後やし、それやったら働いてる間に変えんと変えられへんやろ、と。まあそうねー、なんて思いながら相槌を打っていると、彼は更に言うのだった。

「最後の車になるんやったらほら、オープンカーで走りたいなぁと思って」

お父さん・・・あなたそんなにラブリーな性格だったのね?思わず笑ってしまい、それやったらしゃーないなあ、と言ってしまった。ま、あとは母と財政状況と相談でしょう。「でもカブリオレって高いんよなぁ。なんであんな高いんやろ」と、ちょっと寂しそうにいう父。笑える。父であっても、どこか少年っぽいもんなのねえ。ま、ほんとに高いからちょっと考えろー、と思いつつも、思わず出てきたかわいらしい理由に、笑ってしまうのであった。
ただし色については妥協点見出せず。まあもし本当にお買い上げなら、頑固な父が言い張って、決めてしまうのだろうけど。ま、私のお金ではないから、発言権はないのですけどね。でも絶対水色が可愛いと思うんですけど!
by hiranori | 2008-04-21 01:37 | ふとした幸せ


<< デバッグとハンバーグラー ショートケーキ、もしくはサザエさん >>