人気ブログランキング |

春を食す(土曜編)

d0018877_191051.jpgd0018877_1155289.jpgd0018877_1162116.jpg※写真、横向いちゃいましたが、ご勘弁。
週末は、春を頂きました。たんまりと。
まずは土曜。友人と葉山散策。本当は鎌倉散策予定だったのだが、鎌倉の人の多さにめげた友人と、のんびり希望だった私で協議した結果、、、「葉山にしようぜ」とのことで、葉山散策に変更。恒例の「ここんちの子になりたい」申請をしながら、逗子から葉山までテクテク歩く。逗子や葉山はリッチなおうちが多いし、「ここに好きで住んでる!」という人も多いらしく、凄く素敵なおうちが沢山ある。おまけに土地が広くて、庭木が多い。彼女と私は散歩するたびに「ここの家の子になりたい」と訴えあうのが常なのだ。お天気はいいしお庭の花や木は綺麗だし、いい気持ちで散歩できた。
がしかし。途中の道で、我々は見つけてしまった。日影茶屋での期間限定草餅と桜餅を。今食べる用、お土産用、と、たんまり買い込んだのは言うまでもない。
そして引き続きお散歩。お天気が良くて湿気もなく、ほんとに素敵な日である。
がしかし。ほんの少し歩いただけで、我々はまたも見つけてしまった。ザ☆ヨモギが、たんまりと生えているところを。ヨモギもち、美味しいよねー!と、摘んだヨモギでヨモギもちを作るところを妄想する我ら。「でもさっき、草もち買ったよ!」「でもよくない?」と、アブラムシと格闘しながらヨモギを摘み、意気揚々と我が家に帰った我ら。あー、今日はヨモギもちで春を感じるか。いいねえ。
買い込んだ草餅、桜餅、日影大福で一息ついた後、更にランチを食べに、木もれ日亭 へ。海を眺めながらカレーの食べられるこの店、私はとても好きだ。当然、カレーもうまい。特にコフタのカレー(肉団子の甘口カレー)が私は好きで、既にリピーターになりつつある。
食後は木もれ日亭から見えていた、真名瀬の浜へ。ちょうど潮が引いていて、タイドプールがあちこちに。親子連れが網とかごを持って水溜りを覗き込んでいたりして、なんとも微笑ましい。エビ、蟹、やどかり、ハゼっぽい魚を見つけたりして、これからの季節がますます楽しみになってきた。
がしかし。またも我々は見つけてしまった。海草を取っている男性を。すかさず質問する友人。「それ、食べられるんですか?」今思い返しても、「それ、何ですか?」ではないあたり、間違っている。急に話しかけられた御仁は、一瞬と惑った様子を見せたものの、「これは、生ひじきです」と、答えてくれた。ヒ ジ キ!確かに海辺で見たことはあったけど!でもそんなに大量に見たことはないし、ましてや収穫したことなんてない。これは・・・是非とも収穫せねば!という訳で、うひょうひょと収穫。あっというまに大量。初めてわが手で、ひじきを収穫致しました。ひじきだぜ、ひじき。生だぜ、生。タダだぜ、タダ。←これ重要  いやー、葉山って素敵なところだね!もしかしたら本来はあまりよろしくないのかも知れないが、小娘2人が今夜のささやかな食事に添えるだけだから許してくださいまし。という割には袋いっぱい収穫したのだが。
その後子安の里で更にわけぎを購入。スーパーでその他の食材を揃え、晩餐の準備をする我ら。奮闘の末、次のような晩御飯とあいなりました。ああ、全体の写真を撮るの忘れた・・・。

メニュー: わけぎのぬた(わけぎ、烏賊の酢味噌和え)、かぼちゃバーグ、冷奴、ひじきサラダ、ひじきの煮物、炊き立てご飯、黒はんぺん
デザート: 草餅 2 種 (きなこ、さとう醤油)

わけぎのぬたとかぼちゃバーグは友人作、ぬたは「水分が多くなったー!」と言っていたが、とってもおいしかった。かぼちゃバーグは、甘さと塩加減のマッチする、不思議で懐かしい味!今週のお弁当分として幾つか頂いた。やったね。冷奴は、うまいよー、と聞いていた葉山豆腐。木綿の豆腐で、とてもしっかりした感じ。夏、沢山ここのお豆腐にお世話になりそうだ。ひじきは、処理が大変だったが、味は抜群、美味しかった。詳細は別日記にて。夕食よりもう 1 名加え、いつもの 3 名で、とにかく食べに食べた。素敵な夕食でした。
そして「お腹いっぱいだ」「食べ過ぎた」と言いながら、デザートの草餅も食べる我ら。春ですもの。食べたいものが大量にあるので、仕方ありません。
こうして幸せな春の晩餐は、終了したのでした。あー、食べ過ぎた。
by hiranori | 2009-04-14 01:09 | ごはん・たべもの


<< 春を食す(土曜 特別ひじき編) ヒラノリも歩けばイトイにあたる >>