2008年 06月 01日 ( 2 )

浅草萌え

花やしきに行きたい、と友人が言ったのにあいのりして浅草へ。ついでに研修で東京に来ている友人も加え、4 名で浅草を闊歩してきた。いやー、濃い街だった・・・(笑)。
まずは浅草寺仲見世前で待ち合わせ。かの有名な、提灯の前である。お天気が久々に良かったこともあるだろう、周りは凄い人。浅草にはこれまで 2,3 回来たような気がするが、とりあえず今までで1番混んでいたように思う。仲見世をひやかしながら歩き、途中揚げ饅頭を購入。たまたま読んでいた本に、金龍山の揚げ饅頭の話が載っていたので、食べたくなってしまったのだ。ちなみにばら売りしておらず、箱買いになったので、後で若干辛い思いをすることになったが(1.5 個が 1 人分のノルマとなった)、基本的には美味しかった。でも 1 個でやっぱりいいな。
お参りした後、商店街をぶらぶらし、植木市を見たりしながらお蕎麦屋さんに入った。卸蕎麦を頼んだら、か、か、か、辛い!大根おろしが、これでもか!という位載っていたのだが、すっごく辛かった。江戸っ子たるもの、こいつぁ粋だねぇ、とかいって、ずずいと食べにゃならんのだろうか。何て思いながら食べた。ま、大根おろしと鰹節の気前のよさに免じていいことにしよう。でも最も衝撃的であったのは、オヤジがオネエサンのヌード写真入り雑誌をごく普通に読んでいたことであった。その前の商店街でもヌードカレンダーが堂々と売っていて、「これが普通なのか・・・な・・・?」と首を傾げる女子 4 人であった。
お昼のあと、とうとう念願の花やしきへ!ディズニーランドに行くことはあっても、なかなか花やしきには行かないのではあるまいか、っていうか、そもそも花やしきは潰れないのか?なんていう心配をよそに、花やしきはすっごくいっぱいだった。何となく勝手に、我々が行かねば花やしきはどうなる、位の気分だったので、正直拍子抜けだった。
エコマンとやらの、一応ヒーロー物と思われるショーを見て、スリラーカーに乗り(ホーンテッドマンションのどうしようもない版、という感じのもの。これがまた、別の意味で怖い&うける)、忍者ショーを見(子供たちをのせようと、舞台のお兄さんたちはとっても頑張っていた)、ローラーコースターに乗り(昭和28年かなにかに出来た、日本最古のものらしい!)、園内をぐるりとして満足満足。なんというか、あまりのちゃちさというかキッチュさというか、それが面白いし可愛くてしょうがない。ローラーコースターは、妙なストーリー性を持たせている(のだと思う)が、それがまたおかしい。そして最後が急すぎる!クオリティとかそういうのじゃなく、ナニコレ!的な楽しみが好きな方にはほんとおすすめ。とにかく浅草は、何でも来い!の街だった。次回は Wins 近くの店で、牛筋とか食べてみようかなー。
浅草からお台場へ船で移動。これがまた、やってみたかったんだよねー。残念ながら浅草 -> お台場直通コースは、狙っていた時間がキャンセルされていたので、浅草 -> 日の出桟橋 -> お台場で移動。その間、お姉さんがつらつらと説明をしてくれるのだが、隅田川沿い(&橋)には、こんなにも説明する対象があることに驚いた。ちょっと乗ってみたかっただけだったのだが、乗ってみると物凄く良かったので、浅草に出かけた人には、こちらもおすすめ。冬は死にそうな気がするけど。ちなみに乗れなかった浅草 -> お台場直通コースは、ヒミコ という怪しい船が運航している。日の出桟橋に丁度止まっていたので見れたのだが、「銀河鉄道999 みたいな船」と友人が言っていたとおり、かなり怪しかった。私には虫に見えたが、でもだんだん乗りたくなってきたので不思議である。で、調べたらほんとに松本零士デザインなのね!だからメーテル、って友人が言っていたのか・・・。運行キャンセルは、どうも貸切パーティーが行われる為らしい。それまで「結婚式の二次会を花やしきで!」と言っていた我らだったが、ヒミコ二次会に大きく傾いたのだった。
お台場ではワイワイとメキシカン。メキシカンってなかなか食べないし、いいね。お姉さんがポリバケツみたいな中にチキンを入れてじゃんかじゃんか振って出してくれたのにちょっとウケた。味が選べたので、多分そうやってベースのチキンに味を付けるんだろうね。シャカシャカポテトならぬ、じゃかじゃかチキン、といった感じ。「ボリュームが多い」らしかったが、4 人で綺麗に食べ尽くしたのであった。ああ、妙齢の女子なのに。
その後暗闇のカップル達をひやかしながら(明らかに関西のオバチャンであった)、帰途についた。今回集まったのは全員中・高の同級生で、みんな同じような 6 年間を過ごしていた筈だった。なのに今会うと、こうも違うとは!という位、みんな不思議な世界を生きている。それが毎度毎度、不思議でならない。時間を置いて会う、というのも、面白いもんだ。次回は鎌倉で仏像の約束である。これもまた、楽しみだ。
写真は、提灯、蕎麦、イマドキの盆栽(ぶら下がってた!)、カフェのマーク(何故かタツノオトシゴのデフォルメ、しかも目つき悪い!)、そして夜のチキン。
d0018877_22485054.jpgd0018877_22485030.jpgd0018877_22485042.jpg
d0018877_22485027.jpgd0018877_22484912.jpg
[PR]
by hiranori | 2008-06-01 23:59 | ふとした事/思いつき/雑記

It's exactly Organic!

d0018877_2374743.jpgメープルシロップにカビが生えた。心底驚いた。うちには使いかけメープルシロップが 2 本あり、1 本はオーガニックのカナダ製、もう 1 本はその辺の店で買った普通のやつ。普通のヤツ、の方が前からあるが、そちらはなんてことなく、オーガニックのほうだけカビていた。おお、さすがオーガニック!
会社でお世話になっている方(上司ではない)で、毎年カナダに行かれている方がいる。以前行かれたときに、「お土産」と言って頂いたオーがニックのメープルシロップが、凄く美味しかった。あっさりしているのにこくがある、とは、まさにこれか、みたいな。「いわゆるお土産屋さんのとは一味違うだろ~」と、その人もニヤニヤされていた。
で、またカナダに行かれるらしい、と言う話を聞きつけた。それはそれは!ということで、あのメープルシロップすっごく美味しかったんですけど、とアピールしてみたところ、快く買ってきてくださりそうな気配。なんて素敵な方であろう。
でも実は家にまだちょっと残ってるんだよなー、と思い、戻ってこられる前に消費しちゃわなくちゃ、と思って見たら、冒頭の様子だったという訳だ。
いやー、メープルシロップにもカビって発生するのね。でもこれってやはり、オーガニックだからなんだろうか。カビが生えていない方のメープルシロップをヨーグルトに掛けながら、果たしてこのメープルシロップが食べられることを喜んでいいのかどうか、ちょっと悩ましい気分になったのでありました。
[PR]
by hiranori | 2008-06-01 09:30 | ふとした事/思いつき/雑記